【山梨】温泉宿「別邸 坐忘」に泊まってきたよ!②→気になる食事編

【山梨】温泉宿「別邸 坐忘」に泊まってきたよ!②→気になる食事編

さて、前回の記事ではお部屋やライブラリスペースの紹介をしました。

今回は、宿でいただいた食事についてを写真でご紹介していきます!

夜ご飯

お待ちかねの夜ご飯です…!今回は山梨なので山の幸が堪能できることでしょう…

今回は2泊したのですが、1日目の夜ご飯は部屋だしではなく本館にある個室でいただきました。

公式HPから拝借した画像ですが、下記のようなお部屋です。お料理は中居さんが持ってきてくれますがプライベートな空間でよかったです。

夜ご飯を食べた本館の個室

引用:笛吹川温泉 別邸 坐忘公式HP

料理名が手書きで用意されていました。

ドリンクについて、一つ注意点があるとすればワインを頼むタイミングです。3種類で約1500円で、料理に合わせたワインを出してくれます。

今回私達はビールを1杯目に頼み途中からワインを頼んだので、料理に合わせてワインを楽しむために早めにワインを飲み干さなければなりませんでした笑。

夜のお品書き

まずは小鉢から。

小鉢

次はお刺身…となんと馬刺し!刺し身もですが馬刺しとか好きすぎて嬉しすぎました。

刺身と馬刺し

それぞれ馬刺し用のしょうゆ、お刺身用の醤油を用意してくれています。

右にあるサーモンは、いくらと一緒に食べます。なんという贅沢…!!いくらも醤油漬けなので味があり醤油をつけずにサーモンにいくらを巻いて食べればOKです。

サーモンといくら

鴨のすまし汁

鴨のすまし汁

鮎の炭焼き。風情のあるかごにはいってでてきました。

鮎の炭焼き

もちろん焼き立てほやほやです。たで酢につけていただきます。(じつはたで酢とか食べるの初めてだったのですが美味しかった)

焼き立ての鮎とたで酢

メインの甲州牛が出てきました!!

横についているのは味噌ですね。

甲州牛

これを炭で好みで炙ってからいただきます。

やわらかいというよりは、しっかりとしたお肉で噛み切るのが大変でしたがそれがまた美味しかったです。

甲州牛を炭焼きに

お魚からお肉まで一通りいただいたら、さっぱりとしたそうめん!わかってらっしゃる…みょうがなど薬味もついてきましたよ。

なすとそうめん

めずらしい、すっぽんの茶碗蒸しです。

すっぽんの茶碗蒸し

土鍋ごはん(肝心の中身の写真とってなかった…)

土鍋ごはん

そして最後はデザートもこんなに。

・デザート4種

お魚ありお肉あり、味も量も申し分ありませんでした笑。

朝ごはん

続いては朝ごはんです。

朝ごはんは、ところ変わって敷地内にある古民家でいただきます。

こちらがその古民家。立派です。中も広かったです。

朝ごはんを食べた古民家

縁側でぼーっとしたいなあと思って写真とりました。

古民家の縁側

朝ごはんのお品書き。(以下写真撮ってないの結構ありすみません…)

朝ごはんのお品書き

すてきだなあと思ったのが、器も古伊万里を使っているとのことで古民家という場所にぴったりでした。

サラダとご飯は2人で取り分けるかたちで出てきます。

机にならんだ朝ごはん

漬物やたまごなどが盛り付けてありました。

漬物や卵など

地鶏とみそのお料理。

地鶏とみその料理

朝ごはんもたっぷり量がありおいしくいただきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

宿のサービスに関しても特に気になるポイント等もなく、ライブラリやおいしいワインを楽しめる別邸坐忘。

ぜひ行ってみてください!

 

 

 

 

 

日本旅行カテゴリの最新記事