なぜ花嫁は披露宴で手紙を朗読するのか?

なぜ花嫁は披露宴で手紙を朗読するのか?

こんにちは!

実は実は、絶賛結婚式の準備中な今日この頃・・・

今日は披露宴では定番の花嫁の手紙についてです。

プランナーさんに

プランナーさん
会食(親族のみなので)で手紙は読みますか?

と言われ即答で

えこ
あ、読みません。あ、手紙は書きます!

と答えた私です。笑

そうなんです。

 

なぜ、手紙を音読するの?

 

ってのが疑問で、私は披露宴での手紙の音読に対して少しモヤモヤした気持ちを持っていました。

私の手紙の朗読に対する意見

感謝の気持ち

私の意見では、手紙は朗読する必要はないのではないか?と思っています。

ただ、それは何を目的とするかの違いだと思っています。

私は手紙を書く目的は、これまで育ててくれた親へ感謝の気持ちを伝えるためだと思っています。

その目的を持った場合に、みんなの前で朗読するということは多少なりとも他者が聞く前提でわかりやすくしたり、読むのがなかなか恥ずかしいこと、自分の信用に関わるような昔話(笑)を省いたり・・・

ストレートにその目的に向かえないと思うのです。

世間の手紙の朗読に対する意見

そう思って調べていると、まあ確かに結構賛否が分かれているようですねーー^^;。

ということで、今回は発言小町での賛成・反対のそれぞれの意見をまとめてみました。

朗読に賛成派

花嫁の手紙

親に感謝の言葉を言うのは照れくさいから こういう機会でしか言えないのもあると思います。それに、親戚や大事な友人がいる中、両親への手紙は、ある意味 花嫁からの‘表彰状’じゃないけど、皆の前で 感謝の気持ちを伝えたいという すばらしい行事と思うのですが。

なるほど、表彰状という考え方は確かに・・・。

承認欲求といいますか、みんなの前で頑張ったこととかを褒められたり感謝されるのって嬉しいですもんね。

中身がどうあれそれがセレモニーだと思うので、全然嫌じゃないです。
ただ、そういうのが苦手な人っていると思います。

このように、セレモニー、行事だから良いと思う。という人もまあまあいました。

セレモニーはいいんですけど、それをすることで誰をどういう状態にしたいのかがないと私は、形だけのものって意味がないと思います。

(補足すると、残りの文章を読むと、この意見の方も、中身のないセレモニーとしての手紙の朗読に大賛成という訳ではありませんよ)

本当に親しい友人の手紙なら、嫌な気持ちにならなかったですよ。
彼女たちの家での姿が垣間見れ、また、肉親のように温かい気持ちになりました。
泣いてしまった事もありました。。

確かに、これはそうかも!!

友人は家での姿ってなかなかわからないから本当に大切な友人だったら上のように感じる。

結婚式前夜にやれといいますが、「披露宴の場で花嫁姿でやる事」に意味があるんじゃないでしょうか。親としても花嫁姿の娘から感謝の気持ちを告げられる事で「ああ、もう巣立つんだな」という実感が湧くのではないですか?

なるほど〜、当日にその場で感謝を伝えることに意味があるのではという意見。

朗読に反対派

花束を持つ花嫁

続いて反対派の意見。

私は、披露宴とは、親子以外の親戚や友人知人に対して「結婚しました。これからもよろしくお願いします」の会だと思いますので、親子間の「ありがとう」「幸せになるのよ」のやり取りを見せるのは、失礼に当たるのではないかと思い、自分の披露宴ではしませんでした。

新郎新婦双方の親の名で招待状が来たのに、その親自身が賞賛されるような話を聞かされると、親の常識を疑います。新郎新婦本人達主催なら、まだ納得できますが。

上の2つの意見は、結婚式・披露宴を誰に対して誰がやるのか?という観点からの意見。身内(親兄弟含む)の外に対して催すタイプであれば、私もそう思います。

だって、招待客を『充分意識』したお手紙を読むんですよね?
今まで自分がそうであったように、『感動して涙』して貰うこと前提でしょ?
読んだ後、皆さんが普通になさってたら(あれ??)って思うんでしょ(笑)さー泣いてもらいますよ!! 満々のお手紙は苦笑もんです。

タイトルのとおりなのですが、親への感謝って、内輪ですませるべき内容だと思っており、あえて、他人のいる場であえて「感動を演出」している感じが否めないところが、好きではない理由です。

上の2つは、手紙がもはや感動の演出になっているからという観点。

他にも同じような意見は結構ありましたね。

エンターテインメントとしての手紙になってしまっているし、それで純粋に感動できる人ならいいけれど。

親への感謝の言葉なら、家で伝えればいい。わざわざ披露宴で読まなくてもいいのでは?部外者にはわからないようなネタもあり、良くわからない。お母さんと娘(花嫁)だけが盛り上がって泣いていて、正直反応に困る。

家で伝えられない人は結構多そうですよね、そういう方のきっかけとしては良いですけどね。

あなたはどうする?

以上、賛成・反対の両方の意見をみてきましたが、如何でしたか?

いざ、意見をみてみると、なるほどなあと思う意見たくさん。笑

でもやっぱり、大事なのは賛成反対意見に振り回されるのではなく、披露宴で誰にどう感じて欲しいのか?を明確にすることだと思います。

賛成反対意見も参考に自分で考えて決めればどっちでも良いと思う。

結婚式は準備だけで忙しいと思いますが、そこを夫婦で話し合うとより良い結婚式・披露宴になるのでは?と思います!

まだ結婚式披露宴やってない偉そうなプレ花嫁でした・・・笑

つぶやきカテゴリの最新記事