【韓国・ソウル】生のカニを堪能!「阿峴洞カンジャンケジャン」

【韓国・ソウル】生のカニを堪能!「阿峴洞カンジャンケジャン」

韓国といえば、焼肉・プルコギ・キムチ・韓国のり…なイメージですが、今回は日本ではなかなか食べられない生のカニ、カンジャンケジャンのお店に行って蟹味噌ご飯を堪能してきましたのでご紹介します!

ソウル・阿峴洞カンジャンケジャンへの行き方

11月も終わりの韓国はもう本当に寒く、できるだけ外を出歩く時間は短くしたい。

そんな思いでいっぱいでしたが、こちらのお店は駅から近くありがたかったです!

最寄りは2駅あって、

・地下鉄2号線阿峴(アヒョン、Ahyeon)駅 4番出口から徒歩4分
・地下鉄5号線エオゲ(エオゲ、Aeogae)駅 2番出口から徒歩4分

のいずれかです。

目印はこのカニさんのマーク。

カニさんマークのお店の外観

私たちは12時すぎに訪れたのですが、前に5組ほど待っている方がいました。

日本のファミレスにあるような、紙のシートに自分で名前と人数を記入して名前をよばれるのを待ちます。

お店の中はそこまで広くないので、寒い中外で待たないといけません…

お店の前に椅子が置いてあり、ビニールの風除けがあるのがせめてもの救いです。

ぷりぷりの生のカニを食らう

私たちは40分ほど待ったでしょうか、やっとのことで名前をよばれます。

店内は4人がけのテーブル席と座席がありました。

入るとすぐに、エプロンとお水と殻入れがでてきます。

みんなこのエプロンをつけてカニを食べます、日本人も多いということもあるかもしれませんが謎の一体感を感じます。笑

店内からはカニを最後まで食べ尽くそうとするちゅーちゅーという吸引音が聞こえてきます。笑

エプロンとお水と殻入れ

なんとメニューを撮るのを忘れました…

ただ、きている人はほぼみんな18000ウォンのカンジャンケジャンの定食を頼んでいました。

ソウル市内のカンジャンケジャンの他のお店も調べましたが、このお店が1番安かったのではないでしょうか。

その定食がこちら!

定食

カンジャンケジャンとご飯は1人1杯ずつ出てきましたが、その他にエゴマ・からし菜みたいなやつの胡麻和え、韓国のり、きゅうりとりんごのマヨサラダ・キムチ・けんちん汁のようなものがついてきます。

エゴマ・からし菜みたいなやつの胡麻和え、韓国のり、きゅうりとりんごのマヨサラダ・キムチ

2人で1つずつなんだ〜と思いましたが、後からわかりましたが韓国では勝手に出てくるおかずはお代わり可能なんだそうです!

こちらはたまねぎと豆腐が入った少し甘みのあるけんちん汁のようなもの。

温まりました。

けんちん汁とご飯

そしてメインのカニさんはこちら!

どーん!!!!

生のカニ、カンジャンケジャン

みそが…

たまごが…

テーブルにポリ手袋が置いてあるのでそれをつけてカニを掴んで食べます。

カニの実はぷりっぷり。

下に溜まっているタレをつけて食べるのがおいしいです!

つけないと少し味が薄いかな?という気がするので。

まとまって実が取れる部分はあまりないので小さいスペースから小さい実をほじくりだして食べます。笑

カンジャンケジャンのハイライト、蟹味噌ご飯

実の部分を食べ終わったら最後はカニ味噌ご飯です。

みそとタレが入っている甲羅に、ご飯を乗せて…

かに味噌ご飯

タレと味噌とご飯を混ぜ合わせます。

混ぜたかにみそご飯

 

えこ
ぎゃああ。うまいいいいいいい

甘いタレとねっとりとしたみそとご飯が絡んで…絶妙です。

そういって旦那さんとその美味しさに感動していると隣にお店のお兄さんがきて日本語で教えてくれました。

 

お兄さん
もっと!たまごかき出さないとだめだよ!甲羅のはじっこに卵いっぱい入ってるから!それを箸で!そう!それでそれで、その韓国のりと一緒に、食べる!これがカンジャンケジャンのハイライト!!!そして、マッコリ好き?カンジャンケジャンはマッコリが一番合う!!!

と前のめり気味にとっても良いアドバイスをいただきました。笑

普通に日本語喋ってて面白かったです。

おかずで出てきていた韓国のりの使い道に悩んでいた私たちは手を打つほど納得しました笑

かに味噌ご飯と韓国海苔

韓国のりのごま油の風味が加わってこれまた絶品〜〜

もう本当に幸せでした。

みなさんもこの食べ方ぜひやってみてください。

おまけ:待ち時間は近くの商店街でひまつぶししよう

お店の中の席の状況によりますが、まだ全然よばれなそうであれば、近くに商店街があるので待っている間に回ってみるのもいいかもしれません。

見えるところにあるのですぐわかります。

商店街の入り口

入ってすぐ右手にはスーパーもあり、私たちはそこでお土産の韓国のりを買いました。

わたしたちが行った時は観光客等も全然おらず、かなりローカルな商店街だなあという印象。

乾物のお店や

店頭に並ぶ乾物

キムチのお店

店頭に並ぶキムチ

食べ歩きにぴったりの唐揚げのお店

店頭に並ぶ唐揚げ

蒸し餃子のようなものを売っているお店などいろいろあったのでお腹が許せば楽しめそうです。

蒸し餃子やお惣菜

まとめ

店員さんも親切だし、カニ味噌ご飯のべストな食べ方教えてくれたし、このお店に行ってほんとよかったです!

一人できている方もいらっしゃいましたよ!

私たちは、結構食いしん坊なので1人1杯で足りるかな?カニだけもう1杯頼む?と迷っていましたが、ご飯もあったので1人1杯で十分でした。

阿峴洞カンジャンケジャン
住所:ソウル特別市 麻浦区 阿峴洞 282-1 (서울특별시 마포구 아현동 282-1)
道路名住所:ソウル特別市 麻浦区 クルレバン路 13 (서울특별시 마포구 굴레방로 13)
電話番号:02-312-7530
Eメール:なし
営業時間:10:00~21:00(ブレイクタイム14:00~17:00)
休業日:日・祝日
日本語:簡単な会話程度可
その他外国語:英語 中国語
支払方法:ウォン、カード(JCB,visa,master,amex) ※一部使用不可の場合あり
交通 :地下鉄2号線阿峴(アヒョン、Ahyeon)駅 4番出口 徒歩4分 / 地下鉄5号線エオゲ(エオゲ、Aeogae)駅 2番出口 徒歩4分
関連サイト:インスタグラム
韓国が始まる、韓国が広がるKONEST阿峴洞カンジャンケジャン

 

 

 

海外旅行カテゴリの最新記事