【インド映画】バーフバリのあらすじと感想(面白さ)をまとめてみました!

【インド映画】バーフバリのあらすじと感想(面白さ)をまとめてみました!

インド映画のバーフバリ、ご存知でしょうか?

日本でも話題になったので知っている方も多いかもしれません。

実は私、インドでバーフバリ2が公開されて話題になっている時に映画館に見に行ったんですが字幕が英語だったということもありいまいちよくわからず…

3連休に時間ができたのでAmazon Primeで1と2を両方見てみましたのでその感想です。

あらすじ

物語は、ある高貴な身なりをした女性が赤子を抱きかかえ軍人に追われるシーンから始まる。

その女性は命からがら赤子の命を守り、滝の向こうまでたどりつく。

赤子は近くの村人に引き取られ大人になるまで育てられる。

その赤子が、主人公シブドゥ

大人になったシブドゥは、村のそばにそびえ立つ天まで届きそうな滝を見上げてこの向こうには何があるんだろう?と期待を膨らませていた。

滝

ある日、シブドゥはその滝で木彫りの仮面を拾う。

その仮面に美しい女性の姿を感じたシブドゥは彼女に会うために滝を登り切る。

 

えこ
(笑)

滝を登り切ると、対立する部族が戦闘をしていた。

そう、滝の向こうでは、巨大な軍事力を誇るマヒシュマティ王国とか細く生き延びるクンタラ王国が争っていた。

シブドゥが夢見た美しい女性は、クンタラ王国の中でも腕の立つ剣士アバンティカ

恋に落ちる2人だったが、アバンティカはどうしてもマヒシュマティ王国へ行かなければならないという。

マヒシュマティ王国に囚われたクンタラ王国の妃デーヴァセーナを救うために。

シブドゥは、大事な人(アバンティカ)をそんなところには行かせられない!とその任務を引き受けることになる。

しかし、実は妃デーヴァセーナはなんとシブドゥの母親だったのである。

そうとは知らずデーヴァセーナを助けに行くシブドゥ。

なぜデーヴァセーナは囚われたのか?シブドゥは何者なのか?

だんだんときになる展開になっていくストーリーです。

シリーズ1作目「バーフバリ – 伝説誕生 – 」の感想

前半はきっと世界になじめない

はい。

インド映画を多少見たことがある人にとっては割と慣れたものかもしれませんが、そうじゃない多くの人が、

「?」

とか

「えっ、ギャグwwwww」

みたいな状態になるんじゃないかなあと思います。笑

それがどんなものかというと、名探偵コナンを見ている時のツッコミに似ているかもしれません。

コナンがスケボーでありえないところを通ったりする感覚に近いです。笑

でも諦めないでください、後半はのめりこめます。

後半はキングダムさながらの迫力に固唾をのむ

昔の武器と防具

他の部族との戦闘が始まります。

平地で陣形を組み、弓矢、剣、槍で戦う様子はまるでキングダムのよう。

後半からは変なギャグっぽいところはそこまでなく、戦いに入りこめました。

あっと驚かされるラストシーン

そして、1番驚いたのがラストシーン。

主人公であるシブドゥの父、バーフバリを殺害した人物が明かされて1作目が終わるのですが、その人物がまさかすぎて驚きと疑問で頭が満たされて終わります

そんなことを言われたら絶対2作目見たくなりますやん…

みたいな終わり方でなんかあからさまでずるいというか。笑

シリーズ2作目「バーフバリ – 王の凱旋 – 」の感想

前半はひたすら昔話、だんだんとギャグ演出がくせになってくる

シリーズ1作目の前半では馴染めずにある意味距離を置いて映画を見ていましたが。

2作目で同じようなギャグをかまされても嫌な感じがなくなるんですよね…

むしろもっとくれ!

ってなる。笑

あと、主人公シブドゥのはずだけど彼が1回も出ないまま映画の前半が終わるという笑

後半は現代に戻ってクライマックス、なぜかシブドゥがかっこいい

シブドゥと象

この映画では、昔の父親バーフバリの役も、現代の主人公であるシブドゥと同じ人が演じています。

そういう意味で、何回も筋肉隆々の彼が大活躍するシーンを見ているのでだんだんそれも癖になってきます。

最初は、南インドの男のたくましさ、みたいなものに対してなんとも思っていなかったのですがいつの間にか虜に…笑

後半でシブドゥが良い感じに登場する時は夫と一緒に盛り上がるほどにはなってました。笑

ここでかかる音楽がまたいいんですよ。笑

全体を通して

戦闘シーンが多いので、小さい頃から誰もが抱くであろう「強くなりたい」という願望が自分の中に芽生えてました。笑

やっぱり強い人って憧れるよなあって実感しました。

あとは、インド映画はやっぱり音楽ありきだなあって思います。

シブドゥがいざという時に現れるかっこいい登場シーンも、毎回同じ音楽が流れるので脳にかっこいいイメージが刷り込まれるのです。笑

あと個人的には「カッタッパ!」がつぼです。

ということで、バーフバリはぜひ見てみてほしい映画でした!

(見る時は2作合わせて見ないと成り立ちませんので!確かに前インドでいきなり2作目見に行ったけど片方だけ見てもわからんよな…と思いました笑)

 

映画・ドラマカテゴリの最新記事