【デリー】Dilli HaatとHauz Khas villageでベッドカバーを探したよ!

【デリー】Dilli HaatとHauz Khas villageでベッドカバーを探したよ!

インドから日本に帰国するときに、親にベッドカバーを買ってきてほしいと頼まれました!

Dilli Haat (デリーハート)とHauz Khas Village(ハウズカスヴィレッジ)で探してみたらこんなのありました!

探すときの参考にしてみてください!

Dilli Haat(デリーハート)とは?

そもそも、デリーハートってなんぞや?

というと、インド中のクラフト品が集まっているお土産を買うには絶好の場所です。

概要

入場料:Rs.20(大人)Rs.10(小人)

営業時間:10:30〜22:00

売ってるもの:インド中のハンディクラフトが集まってます!カシミヤストール、パンジャビドレス、ブロックプリントのベッドカバー、絨毯などなど

食べ物:モモやドクラなど軽食も食べるコーナーがあります

値切り交渉できます!!

最寄りはメトロYellow LineのINA駅

Dilli Haatに行くには、メトロイエローラインのINA駅にいきます。

どの出口から出ればいいのかな〜と思っていると、行くとDilli Haat の文字が出ているのでその出口から出れば大丈夫です。

こんなベッドカバーあったよ!

絨毯屋を売っている隣に置いてありました。

アリ刺繍というカシミール地方の刺繍を施されたベッドカバー。

DilliHaatで見つけたベッドカバー(茶色・ベージュ)

キルトに花柄?がプリントしてあります。

色使いがおとなしくてインドっぽくなくかわいい!

DilliHaatで見つけたベッドカバー(青・緑)

こちらはカバーというよりも薄手の布団みたいな感じですね。

カラフルだけど嫌な派手さではないです。

DilliHaatで見つけたベッドカバー(カラフル)

ここでは、気になったものがあるとどんどん広げて見せてくれます。笑

実際畳んであると良い色合いに見えても、広げてみると緑こんなに多かったんだ…とか全体のバランスが見れるので広げて確認するのがマストです。

DilliHaatで見つけたベッドカバー(深緑・青)

これも、柄は可愛いけど赤がちょっと強くて派手かな〜。

DilliHaatで見つけたベッドカバー(赤・黒)

ん〜こんどは黒すぎるかな…

DilliHaatで見つけたベッドカバー(青・黒)

と、まだまだいろんな種類があったので系統好きな人はここで探してみるとよいと思います!

Hauz Khas Village(ハウズカスヴィレッジ)とは?

概要

なんとも呼びにくい名前のこちら。ヴィレッジ…村なの?

って思いますが、ここは洋服屋や雑貨屋、おしゃれなカフェ・レストランなどが集まっているおしゃれプレイス一帯のことです。

イケてる若者たちが集まる場所で、全然知らないのですが聞いた情報によると、夜遊びもできるスポットだとか。

最寄り駅からちょっと遠いんです

この赤く囲ってある一帯がHauz Khas Villageです。

最寄りは、メトロのイエローラインGreen Parkの駅です。(Hauz Khas駅もあるのですがGreen Parkのほうが近いです)

駅からは、結構遠いのでオートかUberを拾いましょう。

こんなベッドカバーあったよ!

そんなHauz Khas Villageの中にあるお店でベッドカバーを見つけました!

またDilli Haatで見てたのとは毛色が違いますね。

刺繍やプリントではなく、織りの生地です。

Hauz Khas Villageで見つけたベッドカバー(白・青)

これはなんかモノクロだから若い感じがしますね。

Hauz Khas Villageで見つけたベッドカバー(モノクロ)

これもモノクロ。

Hauz Khas Villageで見つけたベッドカバー(モノクロその2)

今見ると一番左のは、色が薄めの青でかわいい。

Hauz Khas Villageで見つけたベッドカバー(青・緑)

と思いきやなぜか広げてみせてもらったのは一番右の緑のもの。笑

Hauz Khas Villageで見つけたベッドカバー(緑)

アップ。

Hauz Khas Villageで見つけたベッドカバー(緑)のアップ

この店は結構値段が高かったです…大きさにもよりますが8千円9千円とかしたので今回は買わずに退散。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こんなんあったよーっ!

ってただの紹介に終わってしまいすみません。笑

ぜひ自分好みの生地を探してみてください!

 

インドを旅するカテゴリの最新記事