今ならAmazon Prime会員で【おっさんずラブ】を全話見れる!※ネタバレ

今ならAmazon Prime会員で【おっさんずラブ】を全話見れる!※ネタバレ

※2019年4月18日時点での情報になりますのでご注意ください。

今年の春に放送されていたドラマ、おっさんずラブをamazon Primeで見たのでその感想をまとめてみました。

巷で騒がれていたし、Twitterのトレンドで世界1位になったり、流行っていたことは知っていたのですが予想以上に面白いドラマでした笑

おっさんずラブとは

おっさんずラブキービジュアル

  • 2018年春にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ
  • 2016年の年の瀬の深夜枠で単発のドラマも放映されていた
  • 3人の女性がプロデューサー
  • そのうち1人が、以前女性と同居していたときになぜその人と結婚してはだめなのかを考えた経験から着想を得た
  • 第6話放送直後には、ハッシュタグ「#おっさんずラブ」がTwitterの世界トレンド第1位になる
  • 東京ドラマアウォード2018でグランプリを獲得

 

 

あらすじ

片思い

不動産会社に務める普通のしかしモテないサラリーマン春田(田中圭)。(かっこいいのに…)実家暮らしをしていたが、だらしなく母親に愛想をつかされ出ていかれてしまう。

そんなところにたまたま異動してきた牧が家をさがしており一緒に住むことに。

突然、上司の部長黒沢(吉田鋼太郎)と同僚の牧(林遣都)から相次いで告白をされる。どちらも男性。戸惑いながらも、部長に猛烈な求愛を受け押しに弱すぎて流れに身を任せている春田。

そんなある日家に帰ると、いきなり牧にキスをされて…?!

どうなる三角関係?!という展開です。

↓↓Amazon Primeで見るにはこちらから↓↓

感想

LGBTをシリアスになりすぎずに身近に感じることができる

虹色

まず、このドラマが男性が男性を好きになるいわゆる同性愛のお話です。

私自身は、中学のときの女友達が女の子と付き合っていましたしそのときに悩みも聞いていたので同性愛について抵抗は全然なかったです。

なかったけど、これまで積極的にその問題に対してアンテナを立てていたかというとそうでもなく。言うなれば無関心の人と一緒のことをしていたのかなと思いました。

そういう意味でも、このドラマはラブコメ感が強くシリアスになりすぎないためより気軽に見れるので、多くの人がこの問題について考えるきっかけになるんじゃないかなあと思いました。

脚本を手がけた方は以下のように言っています。

男性同士の恋愛の中で萌えを提示するというよりは、男女の恋愛と同様に『恋愛ドラマを描く』というところが出発点だった

引用:Wikipedia – おっさんずラブ

この発言のように、ドラマでは男性同士の恋愛が男女の恋愛と同じように好きな人を想い、ライバルとの関係に心を痛め、それでも諦めきれないという普通の恋愛模様が描かれています。

それを見ると、男性同士の恋愛も、男女の恋愛と当事者の感情は変わらないんだなあとより身近に思うことができました。

登場人物みんな好き!になるのはなぜ?

ハートマーク

なんていうかもう、登場人物みんなに愛着がわいてしまう、そんなドラマです。笑

まず、春田。1人で家事もまともにできない鈍感でおバカなキャラ。すぐ流される押しに弱い部分に少し苛立ったりもしました。

ただ、お家で牧と過ごしているときの春田がすごく可愛いです。なんでもお世話してあげたくなるような…笑。

そのかわいい駄々っ子キャラがなんか終盤にかけて加速していたような気がして…最終話のスーツケースに荷物詰めてるシーンとか可愛すぎました。

次に部長。おじさんなのにめっちゃピュアで笑。ダイレクトに気持ちを伝える潔さも見ていてとても気持ちよかったし、組み合わせとしては、牧×春田が絶対いいのに、ひたむきに頑張る姿を見ているとなぜか応援したくなりました。

そして牧。風邪引いたときのベッドで本読んでる姿がとっても可愛かったです笑。春田が好きだけど春田は本当に自分と付き合って幸せなのか?そんな風に相手のことを考えて一度は身を引くシーンはとても切なかった。。身を引いたからこそ、視聴者側も、いいのか牧、いいのか?ってずっと頑張れって思ってました。

と、みんな愛着がわく人たちばかりでした。

個人的要チェック

ちずがかわいい…誰?

見れば見るほど、ちずがかわいい!この方、どなた…?

調べてみると結構いろんなドラマに出ているんですね…(普段テレビ見ないのバレた)

内田理央さんという方ですね。可愛かったなあ。。

 

雑誌「MORE」専属モデル。

2010年4月に日本テレビ「アイドルの穴~日テレジェニックを探せ ! ~」でデビュー。同年6月に日テレジェニック2010に選ばれる。

「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日系)にてヒロイン役を演じ知名度を上げ、映画『血まみれスケバンチェーンソー』で映画初主演。ドラマ24「侠飯~おとこめし~」(テレビ東京他)にヒロイン役で出演や、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に出演し注目を集める。

引用:レプロエンタテイメント – アーティスト – 内田理央

10月にはアメトークにも出ていたようですね…探してみよ!

主題歌のスキマスイッチの歌詞も良い!

スキマスイッチの歌詞に出てくる花火

主題歌にはスキマスイッチのRevivalが使われています。いつの間にか口ずさんでしまう良い歌ですよね〜。

Revivalとは、復活・再生・生き返るとか、再び…そういう意味があります。

歌詞では、2人が離れ離れになってしまった事実を受け入れたはずなのに、昔のことを思い出して懐かしみ、心が揺さぶられる。でもそれを乗り越えて再びあるき出すという意味として受け取れるなと思いました。

この歌詞の主語は、おっさんずラブの誰にでもなりうるのかなと思いました。牧にフラレたときの春田、春田をふってしまった牧、春田にフラれた部長、牧と幸せになれなかった武川などなど…この歌詞を聞くとまた登場人物たちに愛着がわきます。

PVの最後には、春田がでてきてドラマにあった伏線(と言うまでのことでもないですが笑)が回収されるのでぜひ見てみてください!

まとめ

まとめとして言いたいのは、ドラマとして普通に面白いので見てほしいですということ。

同性同士の恋愛もの(そしてヒロイン役はおじさん笑)ということで、避けちゃう人もいるかもしれないけど第1話からすでにはまってしまうし、おじさんも可愛すぎて好きになります。笑

ぜひ見てみてください!

 

 

↓↓Amazon Primeはこちら↓↓

↓↓DVDボックスはこちら↓↓

エンタメカテゴリの最新記事